住宅の屋根に防水工事を施す

住宅に発生した雨漏りを解決するには防水工事を行う必要があります 住宅に発生した雨漏りを解決するには防水工事を行う必要があります

日本家屋の代表的な屋根の種類

住宅に防水工事を実施しておくと、雨漏りなどの発生を予防することが可能です。建物のメンテナンスもしやすくなります。まずは、屋根の種類を確認してみましょう。 ""

切妻屋根で使用されることが多い屋根材

屋根の施工にかかる費用は、それぞれの住宅に設置してある屋根のタイプによって変動します。防水工事の内容や雨漏りの原因も一つ一つ違うので、業者に屋根の工事を依頼する際はきちんと内容を確認しておくようにしましょう。

スレート瓦は10年に1度防水工事が必要(40代/防水工事業者)

屋根に使用されている素材にはいろいろな種類があり、素材の種類によって屋根の耐久年数は大きく変化します。

石粒付ガルバリウム鋼板は耐久性に優れています(30代/防水工事業者)

新築の住宅はコストを安く抑えるために、スレート瓦が使われている屋根を導入していることが多いです。この素材はセメントに繊維質を混合し、5ミリ程の厚みに形成したもので、とても扱いやすい屋根材となっています。しかし、経年劣化が発生しやすいため、設置した後は10年ごとに屋根を点検しなければならないので注意しましょう。

伝統の日本瓦はメンテナンスや防水工事は必要ありません(40代/防水工事業者)

地震に強い屋根材として注目されているのがガルバリウム鋼板で、この素材はアルミニウムと亜鉛などの貴金属を使っています。耐久性や耐熱性が非常に優れているため、30年から50年程の間は防水工事を実施する必要がありません。しかし、一方で素材の厚さは薄いため、物がぶつかったりすると屋根に凹凸が発生してしまう可能性があるでしょう。

TOPボタン